令和4年剣道カレンダー領布開始

全日本剣道連盟のホームページに見出しの件が掲載されました。詳細はこちらをご覧ください。

「剣の理法」の説明版に関するパブリックコメントの募集

全日本剣道連盟のホームページに見出しの件が掲載されました。詳細はこちらをご覧ください。

令和3年11月の事業について

愛知県剣道連盟のホームページに見出しの件が掲載されました。詳細はこちらをご覧ください。

愛知県剣道連盟創立70周年記念バッジ、手拭い デザイン募集について

愛知県剣道連盟のホームページに見出しの件が掲載されました。詳細はこちらをご覧下さい。

令和3年稽古納めについて

愛知県剣道連盟のホームページに見出しの件が掲載されました。詳細はこちらをご覧下さい。

新型コロナウイルス変異株 稽古における感染防止対策について

愛知県剣道連盟のホームページに見出しの件が掲載されました。詳細はこちらをご覧ください。

新型コロナウイルス感染症が収束するまでの暫定的な試合・審判法運用の質問事項及び解説

全日本剣道連盟のホームページに見出しの件が掲載されました。詳細はこちらをご覧ください。

令和3年度尾張管内剣道道場・剣道教室調査登録について

見出しの件についてお知らせ致します。詳細は以下をご覧ください。

令和3年尾張道場登録 道場・教室への依頼書.pdf

令和3年尾張道場・教室調査登録書.pdf

感染者が出た場合のPCR検査・抗原検査の実施について

愛知県剣道連盟のホームページに見出しの件が掲載されました。詳細はこちらをご覧ください。

感染拡大予防ガイドラインの改定について

全日本剣道連盟のホームページに見出しの件が掲載されました。詳細はこちらをご覧ください。

熱中症座談会の動画公開について

全日本剣道連盟のホームページに見出しの件が掲載されました。詳細はこちらをご覧ください。

剣道用具の取り扱いに関係する注意喚起

愛知県剣道連盟のホームページに見出しの件が掲載されました。詳細はこちらをご覧ください。

対人稽古に関する感染予防ガイドラインについて(改訂)

全日本剣道連盟のホームページに見出しの件が掲載されました。詳細はこちらをご覧ください。

熱中症対策について

愛知県剣道連盟のホームページに見出しの件が掲載されました。詳細はこちらをご覧ください。

暫定的な試合審判法動画を公開

全日本剣道連盟のホームページに見出しの件が掲載されました。詳細はこちらをご覧ください。

今後の剣道活動に向けて(4月15日改訂)

愛知県剣道連盟のホームページに見出しの件が掲載されました。詳細はこちらをご覧ください。

「剣道指導要領」の一部変更について

全日本剣道連盟のホームページに見出しの件が掲載されました。詳細はこちらをご覧ください。

新型コロナウイルス感染症に関するお知らせ

愛知県剣道連盟のホームページに見出しの件が掲載されました。詳細はこちらをご覧ください。

剣道活動の取り組みについて

愛知県剣道連盟のホームページに見出しの件が掲載されました。詳細はこちらをご覧ください。

(新型ころなういるす感染者の全国的急増下における剣道活動の取り組みについて

〜感染防止対策の徹底(依頼)〜)

全剣連「視聴覚教材(映像)」の無料公開

全日本剣道連盟のホームページに見出しの件が掲載されました。詳細はこちらをご覧ください。

コロナ禍における審判法についての参考資料

尾張剣道連盟のホームページに見出しの件が掲載されました。詳細はこちらをご覧ください。

日本に来たヨーロッパの剣士、小牧市で誕生ベトナムの剣士・アメリカの剣士

  全日本剣道連盟のホームページに、「剣筆 特別寄稿 剣道の三っの側面」として、駐日ベルギー大使  ギュンテル・スレンワーゲン氏の寄稿が掲載されています。

  ヨーロッパ剣道連盟が設立されて50年の節目である令和元年、5月24日(金)〜26日(日)に、 セルビアでは、第29回ヨーロッパ剣道選手権大会が開催されました。(ベルギーも参加)

 

 

PICT0017.JPG

  令和元年、ベトナム人のユン君が、小牧武道館で剣道を始めました。

  日本に憧れ来日し、小牧市剣道連盟の会員の方の会社に就職。

  剣道を勧められ、4月から小牧武道館に通っているそうです。

  「先生方が親切に教えて下さいます。難しいですが面白いです。」

PICT0007-2.JPG

  令和元年5月になると、アメリカからカイル君が体験に来ました。

  お母様が日本人。高校の夏休みを利用して、小牧市にいるおばあ様に会いに来たとのこと。

「空の手で行う空手をしていたが、空の手ではない武道を体験してみたかった。新しいことを学ぶことが出来るのは楽しいが、難しく厳しい。7月中旬には帰国予定ですが、出来れば続けたいと思います。」

 

▲このページのトップに戻る